久々の妄想癖
続きを読む >>
| comments(0) | - | by 夏目 杜
すでにもう忘れてしまいそうなんだけどこれ以上忘れないようにメモ。


何となく電車に乗って適当なところで降りて駅を出ると
田んぼばかりの風景が目に飛び込んできた
水かさは通常より高く土でできた道の端は水に侵食され色が変わっており
まるで湖が目の前に広がっているようだった
太陽に照らされる水面はなめらかな光を抱きながらも透明感を失わずにいて
それがとてもきれいでずっと眺めていたいと少しばかり思ったが
とにかく歩くことにした とにかく目の前の道をまっすぐに歩くことにした
ずっと歩いていると一瞬だけ視界のふちに生垣が飛び込んできたようなきがしたので
そちらに目をやると何かの店のようだった それにしても涼しそうな雰囲気な店だ
周りに田んぼ以外何もないのだから普通に見つけることができてもおかしくはないはず
しかしなぜかうっかり見過ごしてしまいそうになるほどその存在感は希薄だった
その店の存在を認識した途端希薄さはどこかへと消えてしまった
照りつける太陽は厳しいけれど不思議と苦痛ではないが
涼しさを求めるかのように店のほうへと足を運んだ

店に入るとどことなくひんやりとしてやはり涼しかったが雰囲気はあたたかく心地よい
他にも客がいて賑わっているのにとても静かで不思議な店だった
他の客と同じようにケーキを紅茶を注文して食べてみたらとてもおいしかった……と思う

思う、というのは記憶が曖昧でうまく起こすことができなかったからだ
あの後店を出てまた来たいと思いながら振り返るとそこには店など一つもなく
延々と田んぼが広がっているだけだったのだから
水面は相変わらず太陽の光を受け止めながらなめらかに、ゆらゆらと揺れているだけだった

| comments(0) | - | by 夏目 杜
あやふやだとはいえ思いついたキャラぐらいは書き残しておこうかと。
中二全開だぜヒャッハー!

瑳座紗樹:薄桜の髪、真朱の瞳。左目に桜の花 大人し過ぎる、笑わない、無愛想
瑳座茅李:桜の髪、真朱の瞳。右目に桜の花 元気すぎる、よく笑う、愛想よし

一応双子設定で、読み方はそれぞれ さくらさき、さくらちり
名前と性格が一致していないというありがちなキャラな感じで。
お花の絵柄の瞳のキャラってちょっと憧れて設定に加えてみたものの
世界観があんまりはっきりしていなかった……花と伝統色使ったあたりで和風がいいんだろうか
| comments(0) | - | by 夏目 杜
冬だからこそ恋しいなあ。とそんな感じで。創作は久々ー
続きを読む >>
| comments(0) | - | by 夏目 杜
先日Cメールが来てたので覗いてみたらショップの方から
携帯が帰ってきたそうです。やったー!恋しかったよー!!(´ロ`*)

扱いづらくても自分が気に入って買った携帯です。やっぱり手元にないと淋しい


以下、駄文
続きを読む >>
| comments(0) | - | by 夏目 杜
目次
●挨拶
取扱説明書
夏目 杜という人

●品書

●連絡
メール:toka00☆hotmail.co.jp
スカイプ: mori-natsume


[最新]


[伝言]








独白


[他]


【著作権】 このページ内における
「ラグナロクオンライン」から
転載された全てのコンテンツの
著作権につきましては運営元である
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と
開発元である株式会社グラヴィティ
並びに原作者である
リー・ミョンジン氏に帰属します。
(C)2004 GRAVITY Corp&Lee Myoung-Jin
(DTDS studio), All Rights Reserved.
(C)2004 GungHo Online Entertainment,
Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用
(再転載・配布など)は禁止しています。